五箇山太助農園

世界でも有数の豪雪地帯である五箇山(ごかやま)。
急傾斜の大きな屋根が特徴の合掌造りの家屋が生まれ、現在もその集落が残っています。
1995年には、白川郷とともに「白川郷・五箇山の合掌造り集落」として世界遺産に登録されました。

平地が少なく段々畑の多い五箇山。
その代わりに豊かな水、受粉に必要な虫や、害虫を食べてくれるカエルやトンボもいます。
先人たちが培ってきた知恵と現代の進歩した技術が合わされば「山の恵みに人がとけこむ」
そんな農業ができるのではないか?

農薬不使用栽培

農薬不使用栽培とは、農薬を使わない農法です。
五箇山太助農園では、肥料も極力控えています。
五箇山では、カエルやトンボが害虫を食べてくれます。
ここ数年、天候に変化が訪れましたが、
そのような自然の状態に応じて野菜を作るのも農業です。

大根の収穫1

美しい水

豪雪地帯で冬は2mを超える雪が降り積もり、
その雪解け水が田畑に行き渡ります。
五箇山太助農園の赤かぶら、えごま、大根、
かぼちゃは、その美しい水と
農薬不使用栽培によって育まれました。

水

独自の製法で作る五箇山豆腐。 大豆の味が濃く、 縛っても形が崩れない硬さが特徴です。

黄身の色は濃くありませんが、栄養価が高く、濃厚な味です。五箇山農園食堂では朝採れの卵を使っています。

ゆで干し大根

干し大根といえば、冬を代表する大根の保存食の
一つですが、大根には春まきと秋まきの品種が
あります。
五箇山太助農園では、標高800mのキツネ塚で採れた
大根を干します。
お日様の下、できるだけ手作業するのが、この
農園のやり方。
寒中の空気や水にさらして置く「寒ざらし」も
おこなっています。

大根干し

五箇山農園食堂

豆腐メインのメニュー1

五箇山太助農園で育まれた食材や加工品を用いて、
五箇山農園食堂の料理は作られています。
農薬不使用栽培の採れたて野菜、五箇山豆腐、卵、
昔ながらの手法で作られる食品いっぱいの食事で、
今を元気に過ごしてください。

五箇山農園食堂の料理

店も手作り

店舗の建物自体も手作り。
五箇山の間伐材を使用し、
合掌造りの雰囲気に近づけて
作りました。
昔ながらのたたずまいが魅力です。
店内の装飾も、
天井ランプなどに農具を配し、
昔の住まいを演出しています。

店舗の詳しいご案内

  • 合掌造りの応用1
  • ランプや農具1
  • 窓辺の植物や流木1

最上部へ